快適な住まいを作るために

生活保護は持ち家が住まいだと支給されにくく、行政からは持ち家を売却してその利益で生活するように言われます。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

TOPICS

持ち家が住まいだと生活保護はきちんともらえるか不安

住まいが持ち家だと生活保護はもらえにくいです。支給される可能性は賃貸を住居としているに比べると極端に減ることも確かです。また行政の判断の基準にも違いも支給されるかに影響が出ます。ただしほとんどの行政から支給希望者に最初に言われることは1つです。それは持ち家を売却することです。持ち家の売却額によっては生活保護を受けずとも売値の利益で賃貸を借りれば生活に困ることはありません。生活保護は公共のお金ですので、行政にとっては出来れば支給したくないことが本音です。また誰かが生活保護を支給することで本当に困っている貧困層にお金が回らなくなることも考えられます。

先祖代々の家を売りに出したくないと言えば生活保護の支給は断られるでしょうし、家を売却しても支給されないことになります。本当の貧困層は持ち家すらなく、家賃の支払いに苦慮している賃貸住まいです。持ち家があることはそんな方々よりも余程恵まれています。まだ働けるのなら仕事を探して働き、身体が不自由なら障害年金の支給で事足ります。生活保護は最終手段です。まだ数パーセントでも働ける可能性があるなら生活保護に頼らなくても良いのです。せっかく持ち家があるのですから家賃を払わずに済みます。

比べてお得!

Copyright (C)2017快適な住まいを作るために.All rights reserved.