快適な住まいを作るために

角部屋と窓と住まいについて。窓が多いほうがいいなという場合、角部屋を選んでみるのもいいですね。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

TOPICS

角部屋と窓と住まいについて

窓が多い住まいがいいなと思ったら、角部屋の物件を探してみるといいかもしれませんね。角だけに、ベランダなどにプラスして窓もついていると思います。やはり、日差しがはいる箇所が一つだけよりも二つのほうが明るさはかなり違うと思います。両方の窓を開ければ風もとおって、季節がよければかなり快適なのではないでしょうか。湿気対策にもよさそうですよね。なにより解放感があると思います。ベランダだけあれば別にいいやというひともいると思いますから、そこは好みですよね。でも、日差しにこだわるひともいると思います。

南向きの物件がどうしてもいい、という人は、窓の数にもこだわる人もいるのではないでしょうか。同じような条件と家賃の物件があって、角部屋かどうでないかを選べるなら、窓の多さで決めてみるのもいいんじゃないかなと思います。特に明るい昼間などは部屋の明かりをつけないで節約したいというひとは、光がさしこむ窓が多いほうがいいでしょう。また、せっかく窓が多かったりベランダが広くても、部屋の方角の関係で日差しがさしこみにくいともったいないですよね。ですから方角のこともきちんとチェックしておくことが大切ではないかと思いますよ。

比べてお得!

Copyright (C)2017快適な住まいを作るために.All rights reserved.