快適な住まいを作るために

住まいを手に入れると賃貸の時には不要だった税金が課せられます。購入時と継続してかかるものがあります。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

TOPICS

住まいを手に入れるとかかる税金について

マイホームは多くの人々にとって憧れの資産ですが、住まいを手に入れることで賃貸の時にはかからなかった税金がいろいろと課せられます。不動産という資産を持つことに対する税金です。税金には購入時にかかるものと、所有する限り毎年かかるものとがあります。毎年かかる税金を滞納すると、せっかく手に入れた住まいが差し押さえられて結局は手放すことになります。そんなことにならないよう、住まいを購入する計画段階でどのような税金がかかるのか把握しておきましょう。

購入時にかかる費用としては、消費税、印紙税、登録免許税、不動産取得税、贈与税などがあります。消費税は中古住宅には基本的にかかりません。新築は請負契約となりますので課税対象です。印紙税は契約書に必要です。登録免許税は登記に必要です。不動産取得税は、初期費用というよりも実際には住み始めてから支払うことになりますが、1回限りの税金ですので購入時にかかる費用としました。贈与税も初期費用ではありませんが、同じく贈与を受けた時に発生する税金です。親に頭金を出してもらった場合、親と共有名義にすれば贈与税はかかりませんが、子供の単独名義にすると親の出資分は贈与とみなされ課税されるわけです。所有する限りかかるものには固定資産税、都市計画税があります。

Copyright (C)2017快適な住まいを作るために.All rights reserved.