快適な住まいを作るために

住まいの窓を覆い、間仕切るための様々なインテリアの種類と特徴についてポイントをまとめてみました。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

TOPICS

住まいにおける窓の間仕切りの種類

住まいの窓を覆うものといえばカーテンを選ぶ人が多数派ですよね。個人的にはSOHOなイメージの強いブラインドが好きなのですが、オフィスの窓とは違って住宅の窓にこれを掛ける人はまだまだ少な目なようです。しかし、窓を覆うものにはカーテンやブラインド以外にも様々なものがあります。そこで今回はこれらの種類を挙げてゆき、その特徴をまとめてみましょう。

まず最初に挙げたカーテンですが、これは外から窓の中が見えないように覆うための間仕切りとしての機能のみならず、日光を通すフィルターとしての機能も持ったものなのです。日本の住まいでは最も普及しているため、その色や素材やサイズが豊富で選択肢が広いのが魅力ですよね。さらに開閉が容易なのも大きなメリットです。これに対してブラインドは、日光を通すフィルターというよりは羽の角度を変えることで日光の量を調整する装置と言えます。程よい具合に明るさを調整できるので、机の近くの窓で作業環境の明るさを整えるのに最適なものなのです。

次にロールスクリーンです。縦方向に布をくるくると巻き上げたり下ろしたりするあれですね。これも、機能としては日光をフィルターにかけるカーテンと同様ですが、無機質なデザインのものが多いのでふんわりしたカーテンよりも、平面的なインテリア要素が欲しい場合にお勧めです。後は障子ですね。基本的に和室の窓の前に設置される物ですが、これもカーテンのように和紙で日光をフィルターにかける機能があり、開閉が楽なのが魅力ですね。

Copyright (C)2017快適な住まいを作るために.All rights reserved.