快適な住まいを作るために

住まいを購入するには印紙税や登記費用など、様々な費用がかかります。現金で用意するのが望ましいです。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

TOPICS

住まい購入における諸費用について

住まいを購入するには、物件価格以外に様々な費用がかかります。新築、中古、マンション、戸建てなど、選ぶ住まいによってかかる費用は異なりますが、いずれにせよ小さい金額ではありません。新築なら地鎮祭、上棟式などの費用も必要になってきます。これらの諸費用をすべて含めてローンを組むことは不可能ではありませんが、全く現金がない、というような人はそもそも住まい購入は難しいでしょう。予算を立てると共にお金を貯めることが第一歩だといえるでしょう。

どのような費用が必要なのか具体的に見ていきましょう。土地を購入し、建物を建てる新築戸建てなら、つなぎ融資が必要になってきます。そして新築の場合は建築確認申請が必要ですから、代行してもらうのに手数料がかかります。10万〜20万ほどが多いです。また建築中の設計、管理に対して委託料が発生するのが一般的で、これが25万〜40万ほどです。そのほかローンの申込手数料、ローン保証料など、ローンに関する費用もバカになりません。特にローン保証料は借入額が大きいほど高くなり、50万〜100万ほどになることもあります。そして火災保険料、団体生命保険料、登記費用に印紙税など、必ず発生する費用だけでもこれだけあります。家具や引越し費用は含まれていません。できれば諸費用部分は現金で用意したいところです。

比べてお得!

Copyright (C)2017快適な住まいを作るために.All rights reserved.