快適な住まいを作るために

住まいを購入する時の固定金利と変動金利の事と、将来の消費税などの条件のことなどを書きました。

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

TOPICS

住まいを購入する環境

住まいを購入する場合には、個人的な条件ばかりではうまくいかないものですが、例えば住宅の金利が上がってしまえば変動金利にするか固定金利にするかで迷います。最近まで金利もだいぶ低い状態が続きましたが、物価も安い状態が続いたこともあり、住宅ローンを組むのにはとても有利だったと思いますし、それが当たり前だと思っていて、それでもぎりぎりで住宅ローンを組んだ人には厳しいのですが、そこから抜け出して金利が右肩上がりに高くなってくると、変動金利で住宅ローンを組んだ人たちは負担が多くなります。そこから固定金利に変更しても、最初から固定金利にしていた人から比べればだいぶ負担が多くなります。また金利は高くならないと予想して変動金利のままにしている人は、将来高金利になった時に大きな負担になります。

また消費税の事もあります。これから住まいを購入する人たちは、高い消費税を支払うことになります。たぶん10%では止らないでしょう。国の財政状況が厳しくなれば、国民への経済的なサービスは減るのは当然です。そうなると住宅関係も同じで購入しづらくなります。そうであるならば今の時期の固定金利で購入しておくのが良いのかもしれません。こればかりは先が読めませんが、何となくそのような感じはするのではないかと思います。

比べてお得!

Copyright (C)2017快適な住まいを作るために.All rights reserved.